レンズ越しに見た記憶は、モノクロな世界

日記書いたり、詩書いたり、自由気ままに。

« 2017年10月 :  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空

青空


 飛行機雲が浮かぶ青空

 僕は野原に寝転がり、手を伸ばす


 届くわけがない

 そう分かっていても伸ばさずにいられなかった


 この距離がもどかしい
スポンサーサイト

世界

世界


 自ら作り上げた世界を
 自らで壊し

 見上げた空と
 足元に散らばる光を見た

上空

青空


 この先

 僕らは、何度 上を見上げるのだろう


 この先

 僕らは、何度 空の広さに気づくだろう

満更

満更


 君と背中合わせ、木陰で休む

 暑さが苦手な僕だけど、暑い日も悪くない

半歩

半歩


 エレベータの[閉じる]を押さなくなった

 以前の僕は何に急かされてたのか
 以前の僕は何から逃げようとしたのか

 小さな変化、進んだ半歩

風景

風景


 君に見せたかった

 僕が住む街

 ただそれだけ

壁立

壁立


 誰かが云ってた

 壁は、その人間の捉え方次第で
 只の薄板にも
 頑丈な壁にもなる

 僕は目の前に立ちはだかっていた壁を
 いつも頑丈な壁だと決め付けていた

 その度に悲観していた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。